【アイドル考察】AKBグループ、坂道グループに惹かれる理由

私はAKB48NMB48といったAKBグループ、乃木坂46欅坂46といった坂道がグループが好きだ。実は今までAKBグループ、坂道グループ以外のアイドルにハマったことはなく、毎週番組をみたり、たまにLiveに行っていることは自分でも驚きである。そして、なぜ好きなのかという理由は考えたことがなかった。

今回は、AKBグループ、坂道グループにあって他のグループにないものを考え、自分の中の疑問を取り払いたい。

 

なぜAKBグループ、坂道グループが好きなのか

圧倒的親近感

AKBグループ、坂道グループの大元になったのはご存知のようにAKB48である。そして、そのAKB48のコンセプトは「会いに行けるアイドル」だ。秋元さんはAKB48のコンセプトをキャバクラから着想したとも言われている。

 

とにかく、親近感が半端ではない。

 

今までのアイドルといえば、手の届かない存在。日常を公開することが少なかったため、我々と同じように日常生活を送っていることすら想像し難かった。まさに英語の"idol"が意味するところの崇敬の対象で、周りにはいない憧れの存在だったのである。

よくAKB48の比較対象にされる松田聖子さんが良い例で、愛らしいルックス、圧倒的歌唱力はデビュー当初から完成されていて、憧れの対象であった。

親近感を作り出す要素

この親近感を生み出しているのは接点の多さ未完成さだと思っている。

接点の多さ

SNSを使って、普段の食事や趣味、買ったものを公開する。そして、SNS上でアイドルに対してコメントすることができ、返信が来ることだってある。また、毎週放送されるアイドル番組(AKBINGO!、乃木坂工事中など)で毎週彼女たちをチェックできる場があるのだ。

最近では仮想ライブプラットフォームSHOWROOM(ショールーム)にAKBグループ、坂道グループが登場するようになった。もはや、憧れの存在というよりかは手が届く距離にいる女の子なのだ。

未完成さ

秋元康さんが「クラスで4番目か、5番目に可愛い女の子を集めた」という都市伝説は有名だが、これが本当かどうかはさておき、アイドルになりたての彼女たちが可愛すぎることはない。ただ、最近のAKBグループ、坂道グループのルックスは確実に上がっているのは事実だ。その一方、最初から踊りができるわけではなく、トーク力もあるわけではない。未完成の状態でアイドルとしてのキャリアをスタートするのだ。

 

未完成な女の子がアイドル活動をしていくうちに、可愛くなっていったり、キレキレのダンスを踊るようになる。そして、接点が多いため、その成長をほぼ毎日確認することができる。これはクラスのそこそこ可愛い子がアイドル活動を始め、成長していく感覚に近くて、非常に面白い。

親近感を保つことによるギャップ効果

容姿が可愛くなり、ダンス、歌が上手くなるにつれて、親近感が無くなるのかというとそうではない。あくまでクラスにいる女の子なのだ。

欅って書けない、2017年5月放送の「長沢くんと渡辺梨加、2人の休日」という回があった。欅坂46メンバーの長沢菜々香と渡辺梨加が周りの人に聞き込みをしつつ、目的地に向かうという趣旨の企画だった。普通の女子高校生、女子大学生の休日を見ているような感覚で、ファンでなかったら見ていられないような内容だろう。

ただ、私はこれを求めているのだ。グルレポも上手くできず、ハキハキと話せない彼女たちを求めていた。

 そして、欅って書けない、2017年4月放送の「メンバー内の好きを整理しよう」ではメンバー間の関係の洗い出しをし、相関図を作成した。これはクラスの女子がどのグループに属していて、誰と仲が良いのか、悪いのかを男子で話す感覚に似ていた。

 

つまり、何が言いたいのかというと、どんなに有名になっても彼女たちは近い存在で、親近感があるということだ。この保たれた親近感とダンスパフォーマンスの上達は大きなギャップを作り出す。これはクラスで最近気になりだした女子が、文化祭で真剣な眼差しでキレキレのダンスを踊っているのを見ている感覚と似ている。

 

これがAKBグループ、坂道グループに惹かれる理由だと思う。もちろん、好きな理由は人それぞれだが、少なからず上記の要素があると思う方もいるのではないかと考えている。これからも彼女たちを応援したい。

 

ではでは。